協同組合 京都府中小企業診断士会
トップページ
経営相談
セミナー情報
コンサルタント紹介
会員レポート
経営革新支援
ビジネスプラン基礎知識
実践マーケティング
小規模企業の計画経営
経営基礎講座

研究会活動

中小企業サポートリンク
診断士会について
サイトマップ
セミナー情報

【ビジネスプラン実務の基礎知識---仕入・商品面の基礎知識】
62.交差主義比率とは?

 これは在庫投資の効率性を図る指標で単に交差比率とも言います。算式は下記のとおりで、数値が大きいほど商品効率が良いと考えられます。

 交差主義比率=売上総利益/平均在庫高
          =売上高/平均在庫高×売上総利益/売上高×100
              (商品回転率)    (売上総利益率)


 同じ売上高、平均在庫高でも、商品Aより、商品Bの方が、効率が良いと判断できます。
ただ、この指標は、商品効率を見る指標であって、必ずしも売上総利益額に貢献しているかどうかは分かりません。商品効率は悪くても、売上高構成比が高く、売上総利益額に貢献している商品もあります。

〒600-8813 京都府京都市下京区中堂寺南町134番地 ASTEM棟301号 TEL.075-325-5731 FAX.075-325-5675
mail